2013年05月05日

濃熟茸200g3袋【超高級食材の濃熟茸を徳島から直送/北海道送料1000円加算、沖縄送料700円加算/クール宅急便【RCP】

 濃熟茸200g3袋【超高級食材の濃熟茸を徳島から直送/北海道送料1000円加算、沖縄送料700円加算/クール宅急便【RCP】 濃熟茸200g3袋【超高級食材の濃熟茸を徳島から直送/北海道送料1000円加算、沖縄送料700円加算/クール宅急便【RCP】
濃熟茸(特別栽培)200g×3袋を徳島からお届けします。濃熟茸は平成16年に徳島県立工業技術センターと共同研究で開発されました。栽培特許も出願中です。また、菌床栽培だから安心な生産と旨みや栄養成分を高めた高機能椎茸となっています。ネーミングの如く濃く熟した味わい豊かな椎茸です。焼・煮・蒸ともに深い味わいを堪能できる他にはない贅沢な椎茸です。傘を下にヒダを上にして中火にて1〜2分蒸し焼きにしてお召し上ガリください。ヒダにエキスが浮いてきます。美味しさを閉じ込めたエキスに少しだけ醤油を垂らしお召し上がりください。また軸も焼いて美味しくいただけます。高温多湿を避け冷蔵庫にて保存してください。蒸れてしまわないように新聞紙に包み袋に入れるといいです。また軸を取って冷凍庫保存すると風味が増すともいわれています。 食べる前に30分ぐらい陽にあてることでビタミンDが生育されるといわれています。また椎茸は水分を吸収しやすいので洗わないで、そのまま調理することをお薦めします。 ・代金引換はできません・お届けまで10日ほどかかります・北海道は送料1000円加算となります・沖縄は送料700円加算となります。濃熟茸200g3袋(超高級食材の濃熟茸を徳島から直送)徳島県の菌床しいたけの生産量全国一位です。近隣の関西圏はもとより全国的なしいたけの産地として認知されています。椎茸の生産量日本1位を誇るこの県で1番美味しい椎茸と出会うことができました。徳島県は那賀川や吉野川、四国山地、紀伊水道をはじめとする自然が多く残っており、農作物の生産も盛んであり、近畿地方への野菜や果物の出荷高は、徳島県産が占める割合が全国1高いといわれています。今後注目をしたい産地です。濃熟茸とは?濃熟茸は平成16年に徳島県立工業技術センターと共同研究で開発されました。栽培特許も出願中です。また、菌床栽培だから安心な生産と旨みや栄養成分を高めた高機能椎茸となっています。ネーミングの如く濃く熟した味わい豊かな椎茸です。焼・煮・蒸ともに深い味わいを堪能できる他にはない贅沢な椎茸です。傘を下にヒダを上にして中火にて1〜2分蒸し焼きにしてお召し上ガリください。ヒダにエキスが浮いてきます。美味しさを閉じ込めたエキスに少しだけ醤油を垂らしお召し上がりください。また軸も焼いて美味しくいただけます。高温多湿を避け冷蔵庫にて保存する。蒸れてしまわないように新聞紙に包み袋に入れるといいです。また軸を取って冷凍庫保存すると風味が増すともいわれています。 食べる前に30分ぐらい陽にあてることでビタミンDが生育されるといわれています。また椎茸は水分を吸収しやすいので洗わないで、そのまま調理することをお薦めします。濃熟茸のタルティーヌ 【材料】2人分(4枚)濃熟茸2枚フランスパン1/3本ベーコン15gオリーブオイル大さじ1バター15g(タブナード)黒オリーブ(種抜き)5粒アンチョビ10gケーパー小さじ1弱オリーブオイル小さじ11:濃熟茸は6ミリの厚さにスライスする。フランスパンは厚さ1.5cm、長さ15cmほどの斜め切りにする。2:タブナードを作る。黒オリーブとアンチョビ、ケーパーは包丁で細かくみじん切りにするか、フードプロセッサーにかけて攪拌する。オリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせる。3:フライパンにオリーブオイルと1cm幅に切ったベーコンを熱し、ベーコンがカリカリになるまで弱火で炒める。オイルとベーコンに分けておく。4:1のフランスパンに2のタブナードを薄めに塗り、濃熟茸を並べて上から3のオイルをかけ、適当に刻んだバターを散らして、よく温めたオーブントースターで8分ほど焼く。仕上げに3のベーコンを散らし、お好みでタイムをあしらう。◆POINT◆フランス風の簡単パンピザ、タルティーヌ。濃熟茸の味と見た目のきれいさをシンプルに楽しめます。ワインやビールのおつまにもおすすめ。ちいたけ&濃熟茸のラグーソース・パスタ 【材料】4人分(4枚)パスタ※1140gちいたけ100g濃熟茸2枚ウインナー(粗引き)50gにんにく(みじん切り)1かけオリーブオイル大さじ2白ワイン大さじ1水カップ1/2フォン・ド・ヴォー※2(市販品・液体)30gしょうゆ大さじ1生クリーム大さじ3塩こしょう各適量パセリ(みじん切り)適量※1:タリオリーニ(イタリアの卵入りパスタ)使用。普通のパスタでもOK!※2:なければ、コンソメかスープの素(顆粒)5g1:ちいたけ半量と濃熟、ウインナはフードプロセッサーで5ミリ角ほどに粗く撹拌する。2:残りのちいたけは、フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を熱し、中火で軽く炒めて塩こしょうし、飾り用に皿にとっておく。3:2のフライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、1を中火で炒める。しんなりしたら、白ワインを加えてアルコールを飛ばし、水とフォン・ド・ヴォーを加えて煮立ったら、時々かき混ぜながら5分ほど煮る。醤油を加えてひと煮立ちしたら火を止め、生クリームを加える。塩こしょうで味を調える。4:パスタを袋の表示にしたがって茹で、弱火にかけた3のフライパンに入れ、ざっとソースを絡める。皿に盛り付けて2のちいたけを散らし、パセリを上からかける。◆POINT◆ラグーソースとは本来お肉のソースのこと。うまみたっぷりのキノコをお肉に見立てた、とってもヘルシーなパスタです。しいたけはお肉との相性も抜群なのでウインナーをプラス。ちいたけも濃熟茸も、軸までおいしいので、残さず使いましょう。先っぽの硬いところだけは切り落として。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by qnutj at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。